平和都市ヒロシマの裏側

 

 この夏は広島にどっぷり浸かっていた。というのも、8月の平和記念式典の前にも、7月末に開催された「2020核廃絶広島会議」(「平和市長会議」)に出席していたのだ。これにも実は肩透かしの(というと品格が疑われそうだが)、がっくり肩を落す裏話がある。以前お伝えしたスペインはカナリア諸島のテルデ市から、サンチアゴ市長をお呼びしていた。市長も来日を楽しみにしていらした。ところが直前にドクターストップがかかってしまった。つまりドタキャン(またしても品格が…)である。仕方なくもともと付き添いで参加登録してあった我々日本人(「シロタ家の20世紀」上映委員会メンバー)は、市長の回復を祈りながら、テルデ市の代表として列席したというわけだ。

 そんなこんなで、私がこの夏見詰めた広島は、表の顔、平和都市だった。しかし考えてみたら、広島湾にはかつて軍港として栄えた宇品港(現広島港)を中心に、西に米軍岩国基地、東に海上自衛隊の呉基地がある。広島は平和の町であると同時に、それとは裏腹の、軍事基地の町でもあったのだ。そしてそこには当然のことながら事故や事件がつきまとう。沖縄と同じである。

 つい先日聞かされたのだが、丁度3年前の初秋、岩国基地の米兵4人による集団レイプ事件が起こった。そして被害者が訴えたにもかかわらず、結局米兵は日本の警察に逮捕もされず検察から起訴もされなかった。米軍の軍法会議でも罪に問われなかった。一つには安保条約に基づく地位協定で、日本人の人権よりも米軍兵士の人権の方がより厚く守られているせいである。もしかすると、推測だが、米側の顔色を窺う広島地検の怯懦が与っていたかも知れない。

もう一つの理由は、レイプ事件だからである。女が誘い込んだのではないか、と男は考えがちだ。この事件も当時の県知事が「朝の3時頃まで盛り場でうろうろしている未成年もどうかと思うんでありますけれども…」と発言、社会の中に凄まじい被害女性バッシングが起きたという。そんな空気の中でいつの間にか事件の本質がぼやけ、地位協定の問題も忘れ去られ、気がつくと犯罪者は、まるで事件などなかったかのように大手を振って深夜の盛り場を闊歩している…。
 しかし次なる被害者を生まないためには、女性が品行を改めさえすればいいのだろうか。

確かに深夜の3時に盛り場をうろついていたと聞けば、私だってついつい「女も悪い」と思ってしまう。しかし被害女性は「レイプされた」と涙ながらに訴えたのだ。集団の米兵とセックスを楽しんだのではない。彼女の人権は重んじられてしかるべきである。米兵だけが寛大に扱われ、被害女性が泣き寝入りさせられるのはやはりおかしい。
 平和の象徴ヒロシマは、そんな問題を抱える都市だった。日本の縮図だった。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

Story:17
Last Update:2012/02/14

search

others

mobile

qrcode